歯周病は生活習慣病の一つとされ、多くの人が悩む疾病です。病気が進行してからでは治療が困難になることもしばしばあります。歯周病は最悪の場合、歯の周囲の骨がなくなり、歯が抜けてしまいます。また糖尿病や心臓疾患等の全身疾患との関係も示唆されています。
現在、程度の差はありますが、ほとんどの成人が歯周病に疾患しています。しかし大半の患者さまは自らが歯周病であることに気付かず、病気が進行しているケースが少なくありません。
歯科の2大疾患である歯周病とう触(虫歯)は、共に口腔内の細菌がご自身の体に感染することで起こる病気です。これらの感染症を事前に防ぎ、歯周病になってしまった部分は、私たちとともに積極的に治していきましょう。
当院は歯周病の治療に最も力を入れている医院です。

歯周病の治療について

歯周病治療の基本は、口内の歯垢(プラーク)を確実に取り除くことです。つまり、プラークコントロールと歯石の除去(スケーリング・ルートプレーニング)が重要となります。軽度の歯周病の場合は、正しいブラッシングをすることで治すことが出来ます。
重度の場合、歯の周囲の骨が無くなり、歯が動いていることが多いため、手術によって骨を移植したり、再生させることでなるべく抜歯をさけます。ただし、歯周病が重度に進んだ歯は、抜歯になるケースも少なくなく、病気が進行する前に治療を始めることが重要です。

プラークコントロールの勧め

歯周病は、ばい菌(プラーク)によって歯を支えている歯肉、骨が破壊される病気です。以前は歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていました。

進行すると歯ぐきがはれて、出血や痛みが出たり、歯がグラついて物がよくかめなくなったりします。そして最後には歯が抜け落ちてしまいます。地盤が崩れてビルが倒れてしまうのと同じです。歯周病の怖いところは、症状に気づいた時にはかなり病気が進んでしまっている場合が多いことです。歯周病の初期段階ではほとんど自覚症状がないので、いつのまにか病気が進行してしまうのです。そのため症状が出たときには手遅れになってしまい、抜歯せざるを得ない場合も多々あります。それゆえ、初期の段階で治療してしまうことが非常に大切です。さらに良いのは、病気になる前に、ならないように予防することです!日々の生活が忙しかったり体調が悪い時に、歯肉に違和感を覚えたことはありませんか?元気な時は体の抵抗力(免疫力)がばい菌と戦っているのですが、疲労などによって抵抗力が低下すると、ばい菌の繁殖を抑えきれなくなります。そして歯肉が腫れたり、歯が浮いた感じがしたり、痛みや出血を伴ったりするのです。

歯周病はきちんと治療することにより、歯周病の進行をストップさせる、あるいは進行を遅らせ、歯をできるだけ長くもたせることができます。治療の原理はいたってシンプルです。原因となっているばい菌を取り除くこと(プラークコントロールと言います)により、歯肉の腫れや出血がおさまり、歯を支えている骨の破壊をストップすることができるのです。

歯周病の原因はばい菌です。そのばい菌は、歯の表面や、歯に付着した歯石の中に住み着いています。また、歯と歯肉の境目の歯周ポケットと呼ばれるばい菌のたまり場で毎日繁殖しています。ばい菌はバイオフィルムという細菌が多く集まってできるバリアの中に生息しているため、うがい薬や塗り薬は浸透することがなく、効果がありません。最も効果的なのは、ハブラシや歯間ブラシ等でばい菌そのものを取り除いてしまうことです。歯周病の特効薬は、歯間ブラシや歯ブラシなのです。ハブラシや歯間ブラシ等の適切な機材を適切な方法で使用して、ばい菌を毎日取り除いていく、プラークコントロールをぜひ実践していきませんか?一人ひとりにあったプラークコントロール方法があります。詳しい内容につきましては治療中に歯科医師、歯科衛生士がご説明いたします。

歯周病の治療は、歯を削って詰め物をする虫歯の治療や、歯型をとって入れ歯をいれる治療とはまったく異なり、患者さま自身の毎日のプラークコントロールと自然治癒力を応用し、どれだけ直ったか評価をしながら治療を進めて行くため、非常に期間がかかります。ゆっくり焦らず治療していきましょう。

歯周病の外科手術

■ フラップ手術
歯周ポケットが5mm以上に歯周病が進行した重度の歯周病に行う手術です。歯肉を剥離(はくり)し、歯石や感染した組織の除去、歯槽骨の整形を行い、歯周ポケットを健康な状態に戻します。この手術は保険適応できる手術ですが、骨整形をする際に骨をなだらかに大きく落とすというデメリットがあります。

■ GBR・GTR 8~10万円(一部保険適用)
通常、歯周病によってなくなった骨は再生しませんが、本手術により特殊な膜を骨の欠損した部分に貼り付けることで、骨の再生を促進させることができます。
※ただし、歯周病がかなり進行してしまっているような場合には、適応にならない場合が多いです。

■ エムドゲイン 1ブロック 8~10万円(保険適用外)
エムドゲインとは、歯周組織再生誘導材料です。
主成分であるエナメルマトリックスデリバティブは、子どもの頃、歯が生えてくるときに重要な働きをするたん白質の一種です。
広範囲に及ぶ歯周外科手術の際、エムドゲインを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現し、初めて歯が生えたときと同じような骨に対して強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促します。

■ 骨移植  2万円~(一部保険適用)

骨移植とは、歯周病で骨が失われた部位に人工骨や自家骨(自分の骨)を移植し、骨の再生を図る治療のことです。人工骨には主にハイドロキシアパタイトが使われますが、治療の成功率は自家骨に劣ります。自家骨は腸骨や顎角部、オトガイ部などから採取し、細かく砕いて骨の欠損部へ移植します。
※患者さまの口腔内の状況や歯周病の進行度合いにより適応できない場合があります。

予診票ダウンロード 小児用予診票 成人用予診票

提携医院のご紹介

患者様の声・口コミ