一般歯科

一般歯科とは、皆さんが歯医者さんをイメージした時に、最初に想像される診療分野です。
恐らくほとんどの方が、歯医者さん=むし歯の治療を想像されるのではないでしょうか。

一般歯科は、むし歯の治療や、歯が無くなってしまった部分への機能性や審美性の回復を行います。また様々な歯科の専門分野と複合して、よりよい治療が可能になります。歯科医療で最も基本的で、重要な分野が、一般歯科といえます。

むし歯について

むし歯は早期に発見し、除去して修復するだけのものと考えられていませんか?最良のむし歯治療は、むし歯の原因を知り、正しい予防を行う事です。

むし歯は口腔内で常に起こっている、歯の脱灰(歯が溶けること)と再石灰化(歯の自然治癒)のバランスが崩れることで起こります。脱灰は、口腔内の細菌が増えることによって、それらに代謝された酸や、口腔内に入った糖が酸になることで起こります。ですから甘いジュースをだらだら取り続けると、再石灰化よりも速いペースで脱灰が生じ、むし歯になってしまいます。

初期のむし歯は再石灰化を促すように口腔内環境を整えれば、削ることなく経過観察することができます。

しかし進行してしまったむし歯では、歯の中の神経を除去しなければならなくなったり、最悪抜歯に至ってしまいます。むし歯治療にとって、毎日の口腔ケアと、むし歯の予防、早期発見・早期治療がとても大切なのです。

食べない時間に歯は修復される!

唾液にはステタリンと呼ばれる成分が、ハイドロキシアパタイトという無機質と結合し、脱灰した部分の歯のエナメル質を修復してくれます。これを「再石灰化」を呼びます。

「だらだらと不規則な間食をとること」が良くないと言われるのは、常に口の中が酸性に傾くことで、歯の表面を修復する時間がなくなるからです。

ですから、健康的な歯を維持するには、日頃からの規則正しい食生活が重要なのです。

PAGE TOP