インプラント治療は、歯を失ってお悩みの方のために、入れ歯やブリッジなどに代わる治療法として開発されました。口の中の審美性と機能性を追求した新しい歯科治療です。

インプラント治療は歯の無くなった顎(あご)の骨に、人工的な歯根を埋め込む治療です。そしてその上部に人工歯を取り付け、元の歯と同じように違和感なく食事を摂ることができるようになります。CTを使って確実な診断を元に、造骨治療等を並列して、従来では対応の難しかった症例に対しても、安全性の高い治療が可能となりました。

当院では、インプラントは、歯の無い方のために最後に選択する治療方法として考えています。
なぜなら、まず第一に歯周病や虫歯が原因で抜歯にいたってしまったのに、そもそもの原因を解決しないでインプラント治療を行うことは、近年インプラント治療を行ったために生じるインプラント周囲炎が問題になっているように、非常にリスクが高いと考えているからです。
第二に、インプラント治療は、治療のリスクも費用も高いので、徹底した歯周病の治療を行い、場合によってはご自身の歯を移植手術に利用することで、出来るだけ患者さま自身の歯を残すように考えているからです。
第三に、本当にインプラント治療でなければ、他の治療では代替えできないかよく考えているからです。場合によっては適合の良い入れ歯の方が良い場合もありますし、何も治療をしない方が良い場合もあるかもしれません。症例によってはブリッジの方が良い場合もあります。

当院はインプラント治療をするためのCTなど、最新の施設を持っている一方で、インプラント治療をできるだけしない方法を患者さまと考えたいと思っています。

インプラント治療

従来の治療(ブリッジ)
何らかの理由で、失った歯が一本ないし少数歯の場合、従来では健康な欠損部の両側にある歯を大きく削って、ブリッジという大きなホテツ物(被せ物)を入れて治療を行うのが主流でした。

インプラントの場合
インプラント治療では、失われた箇所に人口の歯根を埋め込むので、健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。また機能性、審美性に大変優れています。その一方で、インプラント周囲炎などの感染のリスクもあるため、予防に対する患者さま自身の正しい知識と、定期的なメインテナンスが必ず必要です。例えで言えば、メガネをこれまでしていた人が、コンタクトレンズにするようなイメージです。コンタクトレンズはメガネより楽ですが、眼科医による定期健診と、メインテナンスが必要ですよね。
口腔内の場合は細菌が多くいるので、インプラントのメインテナンスがいかに大事か分かってもらえると思います。

当院のインプラント治療の特徴

インプラント治療は画期的な治療法ですが、決して万能の治療法ではありません。当院の特徴は、なるべくインプラント治療にしないことが、特徴かもしれません。ご自身の歯が歯周病や虫歯になるのと同じように、口腔内のメインテナンスをしっかりしていかなければ、インプラント周囲炎という危険な病気になってしまいます。
当院では前述したように以下の流れでインプラント治療を行っていきます。

なぜインプラントをしなければいけなくなったのか、まず原因とその予防方法を患者さまとお話します。
歯周病や、虫歯をまず徹底的に治します。歯周病を完治させることで、インプラント治療を選択しなくてよいかも知れません。
歯が欠損している部分がある場合、インプラント以外に選択できる方法があるか確認します。例えば、親知らずを移植歯として利用したり、矯正治療で歯を移動したり出来ないか考えます。
ホテツ治療(入れ歯やブリッジ)や、積極的に何も入れないという治療が代替え案として有効でないか患者さまと相談します。試しに入れ歯をしてみて、実はそれで十分満足な事もあります。
1~4のことを実践してみてインプラント治療しか選択肢としてない場合、CT撮影や治療立案をし、カウンセリングを十分に行い、患者さま自身にインプラント治療のメリットとデメリットをご理解いただいて、インプラント治療を開始します。

インプラント治療には、私たちの正しい診断や治療技術が必要ですが、患者さま自身のインプラント治療に対する理解が最も重要です。しっかりとした治療には患者さま自身の時間と努力が必要なことをご理解下さい。
インプラントの費用は、症例によって異なりますが、通常1本35万円程度です。骨を作ったりしなければならない場合は、別途費用が必要となります。詳しくは歯科医師にお問い合わせ下さい。

CT診断によるインプラント

インプラント治療をより安全、確実に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。

たとえば上顎の場合、骨が薄くなっている部分があり、この部分にインプラント治療を行う場合、上顎洞の下部までの骨の厚みを正確に把握し、上顎洞へ突き抜けることがないようにインプラントを埋入しなければなりません。

レントゲン写真では、平面つまり2次元での顎の状態は分かりますが、それだけでは立体的な奥行きが分かりません。CT検査のデータを元にシミュレーションを行うことで、より安全な手術を行うことができます。

CT
予診票ダウンロード 小児用予診票 成人用予診票

提携医院のご紹介

患者様の声・口コミ