CTとはコンピューター断層撮影(computed tomography)の略で、X線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることができるようにする装置です。断面画像からは、体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することができます。

CTを使用する事により水平・垂直・斜めと見たい断面を自由に見る事ができ、口腔内の細部まで立体的な画像診断が出来るようになります。現在歯科用CTを導入している医院は少ないのが現状です。しかしより高度で精密な治療には必要不可欠です。

重度の歯周病、親知らずの抜歯については、CTが保健対応になりました。お気軽に
ご相談ください。

CT検査でわかること

CTで撮影した画像からは、顎(あご)の骨の形や欠損状態が分かるだけでなく、神経の位置や向きなども調べることができます。また、CTは腫瘍の大きさや3次元的形態の把握、歯の中の神経の分岐状態や根尖嚢胞の有無の確認等でも大きなメリットがあります。近年インプラント治療等で安全・正確に手術を行う上で必須といっても過言ではありません。一方で、被曝線量(X線の被爆)は従来の歯科医院で撮影していたパノラマレントゲン撮影2枚分の被爆量で済みます。(メーカーによって線量は異なります)

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、現在患者さまご自身が受診している診療内容等について、担当医以外の医師に意見を求め、患者さまが、最良の治療を選択できるようにすることです。治療内容や方針などについて良く判らない、どんな選択をしたら良いか迷っている等、困っている場合に違う歯科医師からの意見を得ることで納得した治療を受けることができます。詳しくは下記のボタンより詳細をご覧ください。

必読!セカンドオピニオンの3つのチェックポイント

予診票ダウンロード 小児用予診票 成人用予診票

提携医院のご紹介

患者様の声・口コミ